睡眠薬の効果と副作用を実体験から語ってみた

睡眠薬を飲む前に知っておきたいメリットとデメリット

人間はやっぱり眠らないと心身共に疲労しておかしくなってしまいます。何より、眠れないというのは本当に辛いですし、眠れないということ自体が結構なストレスになってきたりもします。

 

ですので、不眠症になってしまったら精神科や心療内科などへかかり、睡眠薬(睡眠導入剤)を処方してもらうのが一般的だと思います。

 

どうしても眠れない時には睡眠薬はとても重宝しますが、やはりメリットだけではなく副作用などのデメリットも少なくありません。

 

私の場合も、不眠も含め、うつ病や他の精神疾患で通院していたため、抗うつ剤と睡眠導入剤を処方されていました。当時の実体験からの個人的な見方も含めて、睡眠薬のメリットとデメリットについて話していきたいと思います。

睡眠薬を飲む前に知っておきたい効果や副作用

まず睡眠薬には大きく分けての4つ種類に分類されています。

 

ベンゾジアゼピン系 

病院で処方される一般的な睡眠薬はこのタイプです。
催眠作用の他に抗不安作用や筋弛緩作用があります。

 

効果の強さでいうとこの4種類のなかでは一番強いといった感じですが、その分ふらつきなどの副作用や依存性の高さなどがあります。

 

非ベンゾジアゼピン系 

基本的な作用はベンゾジアゼピン系と一緒なのですが、抗不安作用や筋弛緩作用はありません。

 

そのため効果の強さという面から見ると、ややベンゾジアゼピン系よりも穏やかな感じなのですが、その分副作用も軽減されています。

 

メラトニン受容体作動薬

体内時計のリズムを整え、睡眠を促すホルモンであるメラトニンと同様の作用をしてくれます。

 

どちらかというと自然な眠気を強めるといった効果で、副作用のリスクは少ないですが強制力が弱いため、効果には個人差があります。

 

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシンとは、起きている状態を保つ、覚醒状態を維持するといった働きを持つ脳内物質で、そのオレキシンの働きを弱めることによって、睡眠状態へ導いてくれる作用があります。

 

こちらも自然な眠気を誘うタイプで、依存性や副作用のリスクは少ない分強制力が弱いという面があります。

 

 

 

 

私が最初に病院で処方されて飲んでいたのは、「ハルシオン」というベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤でした。

 

副作用として、薬が作用する前後の記憶がなくなることがあるということもあり、当時は犯罪に使われたり遊びで乱用するような方もいたりと少し怖い印象の薬でした。

 

ですが私はうつ病も患っていて、寝付けないでいる時間に思考がどんどんネガティブになっていってしまい、結構辛かったので多少強めの方が安心だと思っていました。

 

 

ハルシオンは、やはり効果が強く、気付くと眠っていたという感じでした。ただ、ちゃんと布団に入り、照明を消して、目を閉じて、寝る状態になっていないとやはりダメでした。

 

しかも、それでも眠れない時や、途中で起きた時のふらつきは半端なかったです。特にトイレで起きたときは、まっすぐ歩くのが難しいくらいでした。

 

それと、次の日の頭痛やダルさなんかが結構気になりました。

 

強い薬飲んでいるんだな…と実感しました。

 

 

ですが、何か月か使っているうちに効かなくなってきて、同じベンゾジアゼピン系の「サイレース」という薬にグレードアップしてしまいました。

 

効き目としては更に強い印象で、途中で起きたりすることは少なくなったのですがふらつきや頭痛やダルさなどは相変わらずでした。

 

 

結局その後、うつ病が多少改善されたこともあり、睡眠薬も飲まなくなりました。
今では多少不眠気味になることはあっても、悩むほどの不眠にはなっておりません。

私の体験談を踏まえた上での睡眠薬のメリットとデメリット

こういった経験から、睡眠薬のメリット・デメリットを上げるとしたら、

 

◆メリット◆

  • 即効性があり、かなりの確率で眠れる
  • 本当に眠れなくて辛い時を乗り切るために頓服的に飲むには効果的

◆デメリット◆

  • 薬の種類にもよるが、ふらつきや頭痛、翌日のダルさなどといった副作用がある
  • これも薬の種類にもよるが、依存性が高かったり、耐性がつきやすい
  • 処方してもらうには精神科や心療内科にかかる必要があり、初めての場合はちょっと敷居が高く感じる

 

やはり、効果がかなり期待できる反面、副作用の強さや、依存性の高さなどのデメリットも多いです。

 

今現在、不眠に悩まされていて病院へ行こうと考えているのであれば、処方される睡眠薬を飲むことになると思いますので、参考にしてもらえたら幸いです。

 

副作用などを少しでも少なくしたいのなら、医者から指示された用法や用量を良く守って飲むことをおすすめします。

スポンサードリンク


関連ページ

不眠気味くらいから対策を早めにしておいた方が良い理由
本格的に不眠症になって何日も眠れないというわけではないけれど、なんだか最近不眠気味だというくらいの状態でも、ストレスや疲労の蓄積で悪化していってしまう可能性があります。今は軽い不眠だったとしても対策や改善策を早めに考える必要があると思います。
不眠症対策にはアロマも効果あり!おすすめの香りはコレ!
数あるアロマの香りにはそれぞれに色々な作用や効果があります。その中でもリラックス効果や鎮静作用などの不眠を解消する効果が期待できるおすすめのアロマをいくつか選りすぐって紹介します。アロマテラピーはいい香りを楽しみつつ試せる方法なのでおすすめです。
不眠の解消に効果的な入浴法|体と心の疲れをリセットしよう
入浴することで一日の疲れが癒されます。血行が良くなり体の疲労回復になるのはもちろんですが、気持ちもリラックスしてさっぱりできるので良い睡眠につながります。そんな入浴の効果をより高めるための入浴方法を紹介します。不眠に悩んでいる方も、より快眠したい方も是非お試しください。
眠れない時に摂るべき栄養は?どんな食材に含まれているのか?
不眠を解消して良い睡眠に必要な栄養は、毎日きちんとバランスの取れた食事をすることで摂取出来ます。よく眠れるために必要な栄養素とであるトリプトファンとその働き、神経伝達物質との関係などを説明します。さらに含まれている食材や摂取するうえで気を付けていたいことなども含めて、バランスよく3食きちんとして食事をとることのすすめを述べます。
不眠の原因がアルコール?寝酒が招く不眠悪化やその他リスク
眠れないから、ストレスを忘れたいからとお酒の力を借りることもあると思います。ですが寝酒が毎日のように習慣化すると、逆に不眠を悪化させるだけでなく、睡眠時無呼吸症候群やアルコール依存などといった様々な危険性も高くなっていきます。そういったリスクを知って上手にアルコールと付き合いましょう。
睡眠薬の体験談|私が過去にj経験した効果や副作用など
不眠のため病院で診察を受けて睡眠薬を処方してもらうことを考えている方もいると思います。しかし睡眠薬に必要以上にマイナスイメージを持たれている方も中にいるかもしれません。私も過去に睡眠薬を使用していた時期があるので、効果や副作用などの体験談を語りたいと思います。
妊娠中なのに不眠が辛い…妊婦さんの不眠の原因と解消法
妊娠することによって起こる色々な体の変化が原因となって不眠が引き起こされやすくなるため、妊娠中に不眠に悩まされる妊婦さんが多いようです。様々な要因が考えられますが、薬などに頼れない時期でもあるため、対策には気を遣っていかなければなりません。