不眠気味なのに対策をしなかった場合のリスク

「なんとなく眠れない」くらいでも注意は必要

 

もう何日も全然眠れないといったような完全な不眠症というわけではないのだけれど、ここのところなんとなく眠れない、熟睡した感じがしない。最近なんだか不眠気味だな、感じる時というのは、もしかしたらこれまでに体験されたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、まだ不眠気味くらいだからと言って油断していると、場合によっては徐々に悪化して様々な弊害を引き起こす可能性もあります。

 

まだ不眠気味くらいの今のうちから対策をしておくに越したことはありません。

眠れない原因は何なのかを特定しましょう

眠れないのにはそれぞれの原因があります。

 

  • 長時間昼寝をしてしまった
  • コーヒーやエナジードリンクを遅い時間に飲んでしまった
  • 仕事のシフトの関係で睡眠をとる時間に変化があった

 

これらのようなことが原因なのであれば、あまり心配する必要はないと思います。かといって、それが習慣化されていると体内時計が正しく機能しなくなって不眠症も慢性化する恐れもあるので注意は必要です。

 

一番注意しなければならないのは精神的な理由で眠れなくなっている状態です。

 

  • 大きな仕事やイベントが控えている
  • 人間関係がうまくいっていない
  • 大きな怒りや悲しみを受ける出来事があった

 

これらのような、不安や緊張、イライラ、深い悩みなどで精神的に大きなストレスを感じている時は、よく眠れなかったりします。

精神的な理由の不眠には特に注意が必要です

そのストレスや悩みが一時的なもので、それらが過ぎ去ってしまった後に不眠がおさまれば良いのですが、慢性的にストレスを抱えているのであればどんどん悪化してしまうリスクは高くなります。

 

今は不眠気味程度でも、それが慢性的な不眠症になり、更にはうつ病などの精神障害にまで発展してしまう可能性もあるのです

 

完全にメンタルバランスを崩してからの復帰はとても大変で苦しいです。
そうなる前に、まだ「なんとなく眠れない」というくらいのうちから、セルフケアしていくことが大切だと思います。

スポンサードリンク


関連ページ

不眠症対策にはアロマも効果あり!おすすめの香りはコレ!
数あるアロマの香りにはそれぞれに色々な作用や効果があります。その中でもリラックス効果や鎮静作用などの不眠を解消する効果が期待できるおすすめのアロマをいくつか選りすぐって紹介します。アロマテラピーはいい香りを楽しみつつ試せる方法なのでおすすめです。
睡眠薬のメリットとデメリットを体験談を交えて語ります
病院で処方してもらえる睡眠薬・睡眠導入剤にはメリットもありますが、デメリットもあります。実際に過去に睡眠薬を飲んでいた私の体験も交えてメリットとデメリットについて語ります。不眠のため、これから病院へかかろうと考えているのであれば是非知っておいてもらいたいと思います。
不眠の解消に効果的な入浴法|体と心の疲れをリセットしよう
入浴することで一日の疲れが癒されます。血行が良くなり体の疲労回復になるのはもちろんですが、気持ちもリラックスしてさっぱりできるので良い睡眠につながります。そんな入浴の効果をより高めるための入浴方法を紹介します。不眠に悩んでいる方も、より快眠したい方も是非お試しください。
眠れない時に摂るべき栄養は?どんな食材に含まれているのか?
不眠を解消して良い睡眠に必要な栄養は、毎日きちんとバランスの取れた食事をすることで摂取出来ます。よく眠れるために必要な栄養素とであるトリプトファンとその働き、神経伝達物質との関係などを説明します。さらに含まれている食材や摂取するうえで気を付けていたいことなども含めて、バランスよく3食きちんとして食事をとることのすすめを述べます。
不眠の原因がアルコール?寝酒が招く不眠悪化やその他リスク
眠れないから、ストレスを忘れたいからとお酒の力を借りることもあると思います。ですが寝酒が毎日のように習慣化すると、逆に不眠を悪化させるだけでなく、睡眠時無呼吸症候群やアルコール依存などといった様々な危険性も高くなっていきます。そういったリスクを知って上手にアルコールと付き合いましょう。
睡眠薬の体験談|私が過去にj経験した効果や副作用など
不眠のため病院で診察を受けて睡眠薬を処方してもらうことを考えている方もいると思います。しかし睡眠薬に必要以上にマイナスイメージを持たれている方も中にいるかもしれません。私も過去に睡眠薬を使用していた時期があるので、効果や副作用などの体験談を語りたいと思います。
妊娠中なのに不眠が辛い…妊婦さんの不眠の原因と解消法
妊娠することによって起こる色々な体の変化が原因となって不眠が引き起こされやすくなるため、妊娠中に不眠に悩まされる妊婦さんが多いようです。様々な要因が考えられますが、薬などに頼れない時期でもあるため、対策には気を遣っていかなければなりません。