妊婦さんの不眠症の対策!原因と解消法はコレ

妊婦さんの不眠は特に対策に留意するべきです!

 
女性にとって出産は人生で3本の指に入る大きなイベントであると思います。
私は男ですし、子供もおりませんので、そういったことを間近で体験したことがありません。
ですが、出産の大変さや妊娠中の煩わしさは、きっと想像も及ばないことであると思います。

 

生活も色々と制限しなければなりませんし、感じるストレスもたくさんあることでしょう。
ですがこれから生まれてくる赤ちゃんのために頑張らなければなりません。

 

そんな中、不眠になってしまう妊婦さんも多いと聞きます。薬もあまり飲むことのできない時期ですので、対策にも気を使わなければなりません。

 

 

 

妊娠中に不眠になりやすくなっててしまう原因とは?

中には妊娠する以前から不眠だったという方もいるかもしれませんが、それ以外の方でも妊娠中に不眠になりやすい傾向にあるようです。

 

そしてそれにはちゃんとした理由があります。

 

妊娠中に分泌されるホルモンのバランスによるもの

妊娠することによって分泌が増える女性ホルモンに「プロゲステロン」「エストロゲン」があります。プロゲステロンには眠気を誘う効果があり、エストロゲンには逆に眠りを浅くする効果があります。

 

妊娠初期には眠りに導くことによて体をより休息させようとプロゲステロンが多く分泌されますが、妊娠後期になると今度はエストロゲンが多く分泌されるため、不眠の症状が現れやすくなります。

 

これは、眠りと浅くすることによって、出産後に昼夜問わず世話が必要になる赤ちゃんの育児に備えて体を慣らすためだと言われています。

 

子宮が大きくなることによる体型の変化や頻尿

妊娠が進んでいき次第にお腹が大きくなってくることによって、寝る姿勢が制限されたり寝返りもうまくうてなくなってきます。
更に大きくなった子宮が膀胱を圧迫することによって、尿意が起きやすくなり頻尿になります。

 

こういったことから睡眠が浅くなり、よく眠れなくなってしまいます。

 

妊娠中に起こる不安やストレスなど精神的な要因

妊娠中は色々な不安が付きまといやすくなります。流産を心配したり、出産が怖かったり、色々考えてしまいがちです。
特に初産の方は初体験でわからないことだらけだったりと、感じる不安は大きいでしょう。

 

そして妊娠中は普段よりも生活を制限しなければなりませんので、そこで生じるストレスが積み重なり大きくなってしまうこともあります。

 

精神的に疲れてしまって些細な事でもイライラしてしまったりすることもあるかもしれません。

 

 

 

これらの他にも様々な変化が現れますので、妊娠中に不眠になってしまう要因はたくさんあるということです。

妊娠中の不眠を対策しましょう!睡眠薬は危険かも

 
しかしこうして不眠になってしまった、または元から不眠の気があった方でも妊娠中は薬の使用も控えなくてはなりません。ましてや睡眠薬であればなおさらです。

 

ですので、妊娠中の不眠への対策はなるべく睡眠薬に頼らずにしていくべきですね。

 

精神を落ち着かせてリラックスすることを心がける

不安やイライラなどの精神面からきている不眠であれば、これが第一だと思います。
不眠に効果的な入浴や、落ち着いた音楽、アロマテラピーなどを試してみてはいかがでしょうか?

 

▼関連記事▼
不眠の解消に効果的な入浴法|体と心の疲れをリセットしよう
不眠症対策にはアロマも効果あり!おすすめの香りはコレ! 

 

ただし、アロマオイルの中には妊婦さんに適さないものもあります。メジャーなものでいうと、ラベンダー、ローズ、ローズマリー、カモミールなどです。

 

匂いを楽しむ程度ならあまり問題ないとは思いますが、オイルマッサージやハーブティーなどは避けるべきです。
 

眠る前のスマートフォンやパソコン、テレビなどは控える

スマホやパソコンなどのブルーライトの影響で目が冴えてしまい寝付きにくくなってしまいます。
妊娠中の不眠になりやすい時期は特に気を付けて控えるようにしましょう。

 

睡眠に効果がある栄養素を摂る

バランス良く食事をとって、良い睡眠のための栄養素である「トリプトファン」を摂りましょう。
トリプトファンは「セロトニン」の材料となるため、気持ちの安定や良い睡眠のために重要な物質です。

 

▼関連記事▼
眠れない時に摂るべき栄養は?どんな食材に含まれているのか?

 

ただ、体調が優れずにどうしても食欲がない場合は、バナナがオススメです。
トリプトファンや、それを効果的に働かせるための栄養がバランスよく含まれているからです。

 

そしてサプリメントもとても有効です。最近のサプリメントはバカにできません。
それに処方薬とは違いナチュラルなものでできています。

 

 

 

以上いくつか対策を述べましたが、とにかく症状が深刻化し過ぎてしまっては逆に体に影響が出てしまい、胎児の健康に影響しかねません。無理はし過ぎずに、産婦人科の先生に相談してみるのが良いと思います。

 

元気なお子様を出産するためにも良い睡眠をとって、まずは母体を健康に保ってくださいね。

スポンサードリンク


関連ページ

不眠気味くらいから対策を早めにしておいた方が良い理由
本格的に不眠症になって何日も眠れないというわけではないけれど、なんだか最近不眠気味だというくらいの状態でも、ストレスや疲労の蓄積で悪化していってしまう可能性があります。今は軽い不眠だったとしても対策や改善策を早めに考える必要があると思います。
不眠症対策にはアロマも効果あり!おすすめの香りはコレ!
数あるアロマの香りにはそれぞれに色々な作用や効果があります。その中でもリラックス効果や鎮静作用などの不眠を解消する効果が期待できるおすすめのアロマをいくつか選りすぐって紹介します。アロマテラピーはいい香りを楽しみつつ試せる方法なのでおすすめです。
睡眠薬のメリットとデメリットを体験談を交えて語ります
病院で処方してもらえる睡眠薬・睡眠導入剤にはメリットもありますが、デメリットもあります。実際に過去に睡眠薬を飲んでいた私の体験も交えてメリットとデメリットについて語ります。不眠のため、これから病院へかかろうと考えているのであれば是非知っておいてもらいたいと思います。
不眠の解消に効果的な入浴法|体と心の疲れをリセットしよう
入浴することで一日の疲れが癒されます。血行が良くなり体の疲労回復になるのはもちろんですが、気持ちもリラックスしてさっぱりできるので良い睡眠につながります。そんな入浴の効果をより高めるための入浴方法を紹介します。不眠に悩んでいる方も、より快眠したい方も是非お試しください。
眠れない時に摂るべき栄養は?どんな食材に含まれているのか?
不眠を解消して良い睡眠に必要な栄養は、毎日きちんとバランスの取れた食事をすることで摂取出来ます。よく眠れるために必要な栄養素とであるトリプトファンとその働き、神経伝達物質との関係などを説明します。さらに含まれている食材や摂取するうえで気を付けていたいことなども含めて、バランスよく3食きちんとして食事をとることのすすめを述べます。
不眠の原因がアルコール?寝酒が招く不眠悪化やその他リスク
眠れないから、ストレスを忘れたいからとお酒の力を借りることもあると思います。ですが寝酒が毎日のように習慣化すると、逆に不眠を悪化させるだけでなく、睡眠時無呼吸症候群やアルコール依存などといった様々な危険性も高くなっていきます。そういったリスクを知って上手にアルコールと付き合いましょう。
睡眠薬の体験談|私が過去にj経験した効果や副作用など
不眠のため病院で診察を受けて睡眠薬を処方してもらうことを考えている方もいると思います。しかし睡眠薬に必要以上にマイナスイメージを持たれている方も中にいるかもしれません。私も過去に睡眠薬を使用していた時期があるので、効果や副作用などの体験談を語りたいと思います。