寝る前のアルコールによる不眠の悪化やその他のリスク

アルコールの力を借りて眠ることが習慣化されていませんか?


「眠れないんだったらお酒を飲んで酔っ払って寝てしまおう!」という方、結構いるんじゃないでしょうか。確かにお酒を飲むと眠くなりがちなので、眠れない時にちょっとお酒の力を借りるというのもわかります。

 

特に、何かの強いストレスによって眠れないでいる時は、そういった気分を紛らわして酔って寝てしまいたくなる、なんてこともありますよね。

 

例えば、何か腹が立つようなことがあってムシャクシャしていたり、強く不安に思うことがあったり、悲しくてやりきれない時などですか。大人になると色々ありますしね。

 

そしてさらに寝る前のお酒が習慣になっていて、眠るために毎晩寝酒をするという方もいるでしょう。

 

しかしちょっと待ってください!眠れないからと飲むそのお酒が、逆に不眠を悪化させる原因となっているかもしれませんよ?

アルコールで寝付きは良くなるが不眠悪化の原因にもなる

お酒をある程度飲んで酔いも回ってきた頃、うとうとと眠気を感じてそのまま眠りについたけれど、夜中に1度目が覚めてトイレに行った後なぜだか目が冴えてしまってその後なかなか寝付けなかった、というような経験はありませんか?

 

アルコールには酩酊作用があり、飲むと神経が麻痺して眠りに落ちやすくなります。しかし、その後体内で代謝され神経の麻痺が解けると、今度は逆に覚醒状態へと変わるのです。

 

そのため、夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」や、まだ早い時間に目が覚めてしまう「早期覚醒」が起こりやすくなってしまうのです。

 

結果不眠状態となり、睡眠時間はその分減り、睡眠の質は落ちて睡眠不足になってしまうと言うわけです。

 

お酒を飲むと寝付きは良くなるためによく眠れると錯覚しがちですが、実は結果的に不眠の状態になっていくのです。

眠るために飲むのアルコールが及ぼす様々なリスクを知るべき

 
それだけではありません。酔って眠っている人はよく大きないびきをかいていませんか?

 

アルコールには筋肉を弛緩させる作用があるため、寝ている間に喉に舌が落ちやすくなります。
それによって気道が狭められてしまうためいびきが生じるのです。

 

その状態になったらもう黄色信号で、さらに気道が狭くなり塞がってしまうことにより呼吸が一時的に停止する「睡眠時無呼吸症候群」になってしまうリスクがあります。
 
こうなってしまうと、眠っている間に酸素が足りなくなるため脳や体に大きな負担がかかり、さらに断続的に覚醒状態になるため、気づかないうちに睡眠不足になってしまうのです。

 

そのため日中に強い眠気や意識の低下が生じ、結果として大きな事故を引き起こす原因となってしまいます。そういった意味では死につながる病気だといえます。

 

 

それと、ストレスを紛らわせ、かつ眠るためにお酒をたくさん飲むことが習慣化され、毎日のように続くと徐々に飲む量も増えていき、気付いたときにはお酒がないと眠れない、不安を感じてしまうなどといった状態になってしまう危険性もあります。

 

これがいわゆる「アルコール依存」です。深刻になると精神科への入院もありえます。

 

 

 

このように、たかが寝酒かもしれませんが、不眠を始め様々なリスクをはらんでいます。
美味しく楽しく飲むお酒は良いものだと思います。しかし、眠れないからといってアルコールに頼りすぎると危険な一面もあるということを知っておくべきであると思います。

スポンサードリンク


関連ページ

不眠気味くらいから対策を早めにしておいた方が良い理由
本格的に不眠症になって何日も眠れないというわけではないけれど、なんだか最近不眠気味だというくらいの状態でも、ストレスや疲労の蓄積で悪化していってしまう可能性があります。今は軽い不眠だったとしても対策や改善策を早めに考える必要があると思います。
不眠症対策にはアロマも効果あり!おすすめの香りはコレ!
数あるアロマの香りにはそれぞれに色々な作用や効果があります。その中でもリラックス効果や鎮静作用などの不眠を解消する効果が期待できるおすすめのアロマをいくつか選りすぐって紹介します。アロマテラピーはいい香りを楽しみつつ試せる方法なのでおすすめです。
睡眠薬のメリットとデメリットを体験談を交えて語ります
病院で処方してもらえる睡眠薬・睡眠導入剤にはメリットもありますが、デメリットもあります。実際に過去に睡眠薬を飲んでいた私の体験も交えてメリットとデメリットについて語ります。不眠のため、これから病院へかかろうと考えているのであれば是非知っておいてもらいたいと思います。
不眠の解消に効果的な入浴法|体と心の疲れをリセットしよう
入浴することで一日の疲れが癒されます。血行が良くなり体の疲労回復になるのはもちろんですが、気持ちもリラックスしてさっぱりできるので良い睡眠につながります。そんな入浴の効果をより高めるための入浴方法を紹介します。不眠に悩んでいる方も、より快眠したい方も是非お試しください。
眠れない時に摂るべき栄養は?どんな食材に含まれているのか?
不眠を解消して良い睡眠に必要な栄養は、毎日きちんとバランスの取れた食事をすることで摂取出来ます。よく眠れるために必要な栄養素とであるトリプトファンとその働き、神経伝達物質との関係などを説明します。さらに含まれている食材や摂取するうえで気を付けていたいことなども含めて、バランスよく3食きちんとして食事をとることのすすめを述べます。
睡眠薬の体験談|私が過去にj経験した効果や副作用など
不眠のため病院で診察を受けて睡眠薬を処方してもらうことを考えている方もいると思います。しかし睡眠薬に必要以上にマイナスイメージを持たれている方も中にいるかもしれません。私も過去に睡眠薬を使用していた時期があるので、効果や副作用などの体験談を語りたいと思います。
妊娠中なのに不眠が辛い…妊婦さんの不眠の原因と解消法
妊娠することによって起こる色々な体の変化が原因となって不眠が引き起こされやすくなるため、妊娠中に不眠に悩まされる妊婦さんが多いようです。様々な要因が考えられますが、薬などに頼れない時期でもあるため、対策には気を遣っていかなければなりません。