産後うつの原因は?予防法と対策法まとめ

出産後も安心できない?産後うつに要注意!

 
以前、妊娠中の不眠についての記事を書きました。
妊娠中なのに不眠が辛い…妊婦さんの不眠の原因と解消法

 

妊娠・出産にあたって、本当に妊婦さんの大変さは私たち男性の想像を超えていると思います。
そして妊娠中だけでなく出産後にも心のバランスを崩してしまう恐れがあります。
それが「産後うつ」と呼ばれるものです。

 

やっと赤ちゃんが生まれて、これから育児を頑張っていかなければならないと言う時に、うつの状態になってしまうのはとても辛いことだと思います。

 

そんな辛さや苦しさを少しでも和らげることが出来るように、産後うつの原因や対策などを書いていきたいと思います。

産後うつの原因はホルモンバランスの乱れというのは間違い?

そもそも産後うつはなぜ起こるのでしょうか?

 

一般的にホルモンバランスの乱れが原因だと言われたりしていますが、どうやらそれだけでは無いようなのです。

 

妊娠中は女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が増えますが、出産後にはそれらは急激に減り、今度は母乳を分泌するために「プロラクチン」というホルモンの分泌が増えます。

 

こういったようなホルモンが急激に変化することで気持ちが不安定になったり、気分の浮き沈みが激しくなったりするのですが、これは一時的なもので大体2週間程度で収まってしまうそうです。

 

本格的な産後うつとは、出産時や出産後の心へかかるストレスが原因になっているということなんです。

 

無事に赤ちゃんを出産して一安心、幸せな気持ち一色ということでは無いということです。

 

妊娠中に色々な大変な思いをしてようやく出産したかと思えば、今度は赤ちゃんの育児を四六時中していかなければならないわけです。

 

そういったことに対する不安な気持ちやプレッシャーは、やはりどんな母親でも持つものではないでしょうか。

 

 

その他にも、生まれてきた赤ちゃんに持病や障害があったりなど、出産に関するトラブルがあった場合など、そのことについて悩み過ぎてしまい、結果うつ状態になってしまうこともあるそうです。

 

特に元から真面目で自己否定が強かったり几帳面だったりするような、うつになりやすい性格の方は要注意です。

 

その他にも、生活環境の変化や人間関係のストレスなども産後うつの要因となります。

 

夜泣きする赤ちゃんの世話での慢性的な睡眠不足もそうですし、旦那様側のご家族への不満などもストレスの要因となるでしょう。

産後うつの予防や対策は家族のサポートが大前提

 
では、産後うつへの対策や解消はどうしていったら良いのでしょうか?

 

これまで述べてきたように、妊娠も含めて出産というものは本当に体にも精神的にも負荷がかかるものだということです。

 

ですので、まずは旦那様やご家族が本人の大変さや辛さをしっかりと理解した上で、きちんとしたサポートをしていくということが、産後うつの予防や緩和につながるのは言うまでもありません。

 

その上で産後うつに悩まれている状態であれば、やはりまずは医療機関を受診するといううことが第一かと思います。

 

ご自分も辛いでしょうし、育児すべき赤ちゃんの今後にも大きく関わることですので、一人で悩まずに病院へ相談しましょう。

 

ただし、授乳中であれば薬の服用は避けたいところ。ですから、なるべく薬を使わないような治療法がメインとなるようですが、どうしても辛いようなら、病院の先生と相談の上で薬を処方してもらうこともあるということです。

 

それでもやはり薬を飲むことに抵抗があるのであれば、メンタルサポート系のサプリメントなどを試してみるのもよいと思います。

 

そして、こちらの記事で、セロトニンの増やし方を紹介しています。
セロトニンの増やし方!簡単に自分でセロトニン対策を!

 

セロトニンは心のバランスを整えるために必須のホルモンですので、意識してみてはいかがでしょうか。

 

妊娠、出産と大変な思いをしてきて、やっと赤ちゃんが生まれてこれからだという時に産後うつになってしまうということは、本当に辛いことだと思います。

 

でも、赤ちゃんのため、そしてあなたのためにもなんとか乗り切っていってほしいと思います。
そのためにも無理はし過ぎず、ご家族のサポートを十分にしていただいてください。

スポンサードリンク


関連ページ

うつ病を改善するには?うつを克服した私からのアドバイス
うつ病の苦しみはなった人にしかわからないところが多々あり、周りの人には理解されにくい病気です。過去にうつ病になりそれを克服した経験を持つうちの一人の体験談として、今現在うつの症状に悩んでいる方へ向けて、改善するためのアドバイスをします。
なぜだか鬱っぽい…その原因が不明であるなら要注意かも?
気分の浮き沈みには普通理由となる出来事があり気分の浮き沈みには普通理由があり、憂鬱な気分になってもその原因が無くなれば気分が復活します。しかしなんだか鬱っぽいのに原因がわからないというであれば慢性的なうつ病になってしまう恐れがあります。まずはセロトニン対策をしてみることをおすすめします。
夫が鬱っぽいと感じたら|家族としてとるべき対策と接し方
大切な家族、しかも一家の大黒柱である旦那様が最近鬱気味だとしたら、早めの対策をしなければ大変なことになりかねません。本人にとっては、気分の落ち込みや無気力などの自覚症状はあったとしても、それがうつ病だという認識は持ちにくいものだと思いますので、一番近い存在である奥様が鬱の兆候を感じ取ってあげてほしいと思います。本格的に精神を病んでしまう前に早急に対処しましょう。そして是非とも暖かい心で接してほしいと思います。
鬱で笑えない…そんな時ほど笑った方が良い理由と体験談
私も過去に鬱を患っていた時期は、気持ちが落ち込んでしまい笑うことができない日々が続いていました。でもそんなときほど笑った方が良いということに気付きました。笑えないなら表情だけでも笑顔をつくりましょう。その理由を私の過去の体験談を交えて語ります。