夫が鬱気味だと感じた場合の対策と接し方

夫が出す鬱のシグナルは一番近い存在の妻が読み取ろう

 

最近なんだかウチの旦那さんが鬱っぽい…そんな風に感じて不安に思っている奥様もいると思います。

 

誰でも落ち込んだりなんかやる気がでなかったりと気分の浮き沈みはあるものです。
そのため、本人は自分が鬱っぽくなっていると言う自覚が起きにくいのかもしれません。
ですので、1番近くにいる存在である奥様がうつの兆候に気づいてあげられれば、早めに対処できるのではないでしょうか。

 

たまには喧嘩もするしウザイと感じることもあるとは思いますが、好いて好かれた夫婦ですもんね?
旦那様は家族のために身を粉にして日々頑張って仕事をしています。そんな中頑張りすぎた故に抱え込んでしまったストレスでメンタルに不調をきたしているのかもしれません。

 

ですからどうか温かい心でサポートしてあげてください。

鬱の兆候が目立つようになったら早めに対策を!

ここ最近、旦那様に以下のような変化がいくつも見られるようでしたら要注意です。

 

  • 家族との口数が減る
  • 物事に対して無関心になり、無気力になる
  • 食欲がなくなる
  • アルコールやタバコの量が増えている
  • 不眠気味で寝つきが悪い、または夜中に何度も起きる
  • 些細な事でも怒りっぽくなる
  • 言われたことをすぐ忘れてしまう

 

このような兆候が見られたときは、まず旦那様に鬱のサインが出ていることを伝え、「何かストレスは溜まっていない?」「心の調子は大丈夫?」などと聞いてみてあげましょう。
本人が気付いていないのなら、気付くきっかけを与えてあげるべきです。

 

そしてやはりまずは精神科や心療内科などの医療機関で診察してもらうことが第一です。
まだ鬱っぽい、鬱の兆候があるという程度であっても今後 悪化して本格的なうつ病になってしまったら大変なことになります。

 

仕事も続けられなくなるかもしれませんし、先行きの心配や本人との接し方に気を遣ったりと、奥様やご家族にかかるストレスも大きなものとなります。
何より旦那様ご本人が感じる苦痛も相当なものでしょう。ですので早めの対策を強くお勧めします。

 

ただ、ご本人がうつ気味であることを認めたがらない場合や、メンタル系の病院に通院するのを嫌がる場合もあると思います。
何を隠そう私がそうでしたから(笑)精神科や心療内科は少し敷居が高いと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そういった場合、まだそこまで状況が深刻でなければメンタルサポート系のサプリメントなどを勧めてみるのも良いと思います。
最近のサプリメントは本当に馬鹿にできませんので。それで少しの間様子を見てみるというのも手だと思います。

 

ですが、まだ鬱っぽいかも?で済んでいるような状態であれば、です。深刻な状況であれば引きずってでも病院へ連れていきましょう。

鬱である本人への接し方を経験者の目線からアドバイス

 
本人への接し方ですが、うつであることを責めたりするのはもちろん、過剰な励ましもタブーです。かといってあまり腫れ物に触るような扱いをされると逆に落ち込んでしまうことも考えられます。

 

私がうつを患ったときも、”気を遣われている感”を感じてしまうと、そのことで自分を責めてしまい、さらに鬱状態に沈んでいってしまいました。

 

ですので、あくまで自然体で接してもらえたらいいと思います。嫌な事は嫌、ダメなことはダメとはっきり言っても良いと思います。ただし、鬱である今の状況についてはあまり触れないほうがいいでしょう。

 

「なんとかなるよ」「大丈夫だよ」など、考えを軽くしてあげるような言葉をかけてあげると良いかもしれません。

 

本人が感じているうつ病の辛さは、周りから見るよりも遥かにキツイです。これは経験した人でないとわからないかもしれません。サポートする方も大変だということももちろんわかっていますが、それに対して罪悪感や自己嫌悪を感じてしまうのがうつ病です。わかってあげてほしいです。

 

以上、うつ病の方への接し方ですが、どちらかというと経験者としての目線で書きました。
私が鬱になったのはまだ実家暮らしの頃だったのですが、家族や彼女(現在のパートナーです)のサポートには本当に感謝しています。

 

もしも旦那様がうつになったら、ご家族として愛を持ってサポートしてあげてください!そうすれば絶対なんとかなります!

スポンサードリンク


関連ページ

うつ病を改善するには?うつを克服した私からのアドバイス
うつ病の苦しみはなった人にしかわからないところが多々あり、周りの人には理解されにくい病気です。過去にうつ病になりそれを克服した経験を持つうちの一人の体験談として、今現在うつの症状に悩んでいる方へ向けて、改善するためのアドバイスをします。
なぜだか鬱っぽい…その原因が不明であるなら要注意かも?
気分の浮き沈みには普通理由となる出来事があり気分の浮き沈みには普通理由があり、憂鬱な気分になってもその原因が無くなれば気分が復活します。しかしなんだか鬱っぽいのに原因がわからないというであれば慢性的なうつ病になってしまう恐れがあります。まずはセロトニン対策をしてみることをおすすめします。
鬱で笑えない…そんな時ほど笑った方が良い理由と体験談
私も過去に鬱を患っていた時期は、気持ちが落ち込んでしまい笑うことができない日々が続いていました。でもそんなときほど笑った方が良いということに気付きました。笑えないなら表情だけでも笑顔をつくりましょう。その理由を私の過去の体験談を交えて語ります。
産後うつが辛い…原因はホルモンではない!?解消法は?
出産後に起こる産後うつの原因はホルモンバランスの乱れによるものだけではないようです。妊娠・出産を経て赤ちゃんが生まれて幸せもあるでしょうが、今後の子育てへの不安や家族関係への不満など、ストレスになるものはたくさんあります。産後うつの原因と対策を書いていきたいと思います。