ストレスを感じやすい性格な方の特徴と改善点

ストレスが溜まりやすい方にはこんな性格の方が多い

 

やっぱり人の性格って十人十色なので、同じ出来事があってもそれに対して感じることが違う場合もあります。

 

ストレスの要因になるものは様々ですし、人によっても違うと思うので一概にひとまとめにはできないのかもしれないのですが、ストレスを溜め込んでしまいやすいタイプの方は、一言でいうと「過敏」であると言える場合が多いと思います。

 

例えば、なにかの出来事に対して必要以上にダメージを感じてしまうといったような、刺激に対する耐性があまり強くない方もそうですし、本当に僅かなミスや不安点でも気になってしまうような、完璧主義者の方もあてはまると思います。

 

繊細であることも、完璧主義であることもすばらしい個性ですし、決してそれを性格的にマイナス要素だとは思いませんが、ご自身がストレスを感じにくく、そして溜まりにくくするためにも少し受け止め方を意識して変えてみてはどうでしょうか?

過敏すぎる性格を変えるには鈍感力を意識するべき

出来事や刺激に対して過敏であるならば、必要なのはある程度鈍感になることだと思います。

 



 

鈍感というと、一般的に鈍くてどんくさいようなイメージを持たれている方が多いと思いますが、この書籍で書いてある通り、鈍感は力です。自身を持って言えます。

 

もしも今この過敏な状態から良い意味で鈍感な人間になれたとしたらどうでしょうか?

 

不安な出来事や憂鬱な出来事があったとしても受ける刺激が少なくなるので、必要以上に感情がストレスを受けなくなります。
周りの目を必要以上に気にしなくなれれば、周囲を気にしすぎて萎縮してしまうこともなくなるでしょうし、自分のペースで人間関係を築くことができます。

 

少なくとも私はある意味鈍感になれたことで、メンタルにかかる負担が大幅に減少しました。

 

私の場合、特に周囲の目を気にするタイプの人間でした。それにハッキリ気付いたのは心の病気を患ってからですが。

 

「周りから見て僕は変じゃないだろうか?」
「服装や髪形は恥ずかしくないだろうか?」
「陰口を言われていないだろうか?」
「嫌われていないだろうか?」

 

そんなことを気にしながら生きてきたような気がします。

 

でも、実は他人って自分が思うほど自分のこと見てないですし、気にしてないんですよね(笑)
それと、自分のこと嫌いな人間は絶対いるし、陰口もどこかでは言われてるだろうということ。逆に好きでいてくれる人も絶対いるということ。

 

そこを割り切ることで、かなり楽になれました。時間はそこそこかかりましたけど。

 

ある意味、周囲の人間に対して鈍感になれたということなんだろうと思っています。
その考え方ができるようになったら、他の問題に対してもある程度楽観視できるような余裕がもてるようになったんですね。

 

ただ単にKYになっただけというわけではないと思うのですが…それもそこまで気にしてもしょうがないのでマイペースで生きてます。

性格や思考を変えるのは難しいけれど不可能ではない

 

私の場合は年単位で時間がかかりましたが、自分で性格というか考え方を少し変えることができました。ただ、性格や考え方を変えるというのはとても難しいし、大変だと思います。

 

マイナスの思考が浮かんできた時でも、気にしないように意識したり、無理やり別のことを考えたりと、自分の中でしか見えない努力をする必要があるかもしれません。

 

ただ、鈍感力を得ることができたら絶対に人生が楽になります。

 

といってもそれでもストレスが溜まることもありますし、周囲を気にする場面ももちろんあります。
でも、「まぁいいか」って思えるようになれると思います。

 

ですので、ストレスが溜まりやすいと感じている方は是非とも「鈍感になる」ということを意識してみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク


関連ページ

過度なストレスの溜め込み注意!病気や健康を損なうリスク
一概にストレスと言っても、仕事や、職場の人間関係、妊娠・出産・育児、恋愛、家族関係など、その原因は様々です。そんなストレスの種類ごとに注意点や対策などを私の体験や考え方などを交えながら書いていきます。
ストレスで食欲がない|その原因とリスクを知って対策を!
強い悩みや心配事などでなんだか食欲がわかないなどという時もたまにはあると思います。ですがそんな状態が続くようであればやはり注意が必要です。食事は体だけではなく精神にも栄養を与えます。ストレスで食欲がなくなる原因とそのリスクをきちんと知ったうえで対策していくことが大事だと思います。
セロトニンの増やし方!簡単に自分でセロトニン対策を!
セロトニンは精神のバランスを保ち、健康なメンタルに欠かせない神経伝達物質です。これが不足してしまうと心の安定を崩し、鬱や不眠などといった症状が出やすくなってしまいます。自分で簡単にできるセロトニンの増やし方を知って、ストレス対策をしましょう!
腸活が不眠や鬱に効果あり!腸を整えてストレス対策をしよう
腸活、いわゆる腸内環境を改善することによって様々なメリットがあります。その効果は、お通じや美容などの身体的なものだけではなく、メンタル面の問題の改善にも及びます。腸内フローラのバランスを整え、腸を健康に保つことによってメンタルのバランスも整えましょう!
心の疲れを解消するためのに本当に重要な4つのポイント!
ストレスだらけの世の中において、溜まったストレスや心の疲れを解消できない方も多くいると思います。鬱病などの精神障害を克服した私が、その経験から本当に重要だと痛感した、ストレスや心の疲れの予防や解消のためにポイントを4つ紹介したいと思います。