腸内環境を整えてることで不眠や鬱への対策を!

腸活は身体的なことだけではなく精神的な健康にも有効!


最近、「腸活」と言う言葉をよく耳にします。

 

腸の状態を改善することで、便秘などお通じの改善はもちろん、肌トラブルの改善や美肌効果、ダイエットなど健康全般において様々なメリットがあるということは世間一般に広く知られています。

 

そして、まだ認知度はそれほど高くないかもしれませんが、実は、腸内環境を整え胸を健やかに保つことによって、ストレスを緩和し不眠や鬱などメンタル面の改善にも効果があるというのです。
私も最近になって初めて知りました。

 

腸なのにどうしてメンタル面においてメリットがあるのでしょうか?その理由や腸活の方法などを調べてみました。

セロトニンが腸内に存在する!?腸とメンタルの関係

腸活によってメンタル面に良い効果があるという理由でまず挙げられるのは、三大神経伝達物質であり幸せホルモンとも呼ばれることもある「セロトニン」に関することです。

 

セロトニンは精神のバランスを整えてくれる働きを持ち、リラックスや良い睡眠に必要不可欠なホルモンで、不足すると不安やイライラなどを感じやすくなり、不眠症やうつ病などの原因になったりします。

 

「セロトニンというと脳ではないの?」と思いがちなのですが、実はセロトニンの9割は腸内で作られているのです。

 

ですので、腸を健康な状態に保つということは、セロトニンが産出されやすくなり、不眠や鬱などメンタル面の問題の改善にも効果をもたらしてくれるというメリットもあるというわけです。

 

そして、腸と自律神経には大きく関係していて、胃や腸などの消化器官は副交感神経の支配下にあります。

 

副交感神経はリラックスした状態で働く自律神経ですので、ストレスなどで精神が高ぶったり緊張したりして交感神経が優位の状態では腸は上手く働くことができません。

 

このように腸はメンタル面や自律神経に大きく関わっているのですね。

腸内環境を整えるために摂るべきものはコレ!


腸の状態を改善するというと、最近では血行不良によって生じた腸の浮腫みを改善することでポッコリお腹を解消するといったようなことなどもあるのですが、一般的には腸内環境を整えるということを指すと思います。

 

腸の中は数百種類もの菌が存在していて、その数は600兆個以上と言われています。
それらが種類ごとにまとまって腸壁に生息している様子を花畑に例えて「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

腸内細菌は大きく分けて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌。(日和見菌というのは善玉でも悪玉でもない中立の菌のことを指します。)の3種類で、それらのバランスを整えることが腸内環境の改善につながります。

 

理想のバランスは、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7 という割合だそうです。

 

食生活の偏りやストレス、飲酒などに加え、便秘や下痢、風邪などでも悪玉菌が増え、善玉菌は減っていってしまうというのです。

 

そんな状態を改善するためには、腸内環境を整えて改善する効果のある食べ物を摂取する必要があります。

 

 

食物繊維

食物繊維には腸内の有害物質を減らす効果があります。
お通じの改善として一般的に当たり前となっていると思います。

 

野菜やリンゴや梨などの果物、海藻、キノコ類など植物系の食べ物に広く含まれています。

 

オリゴ糖

ダイエットのための糖分ということで有名ですが、腸内の善玉菌のエサになります。
ですのでヨーグルトなどと一緒に食べるのがオススメです。

 

オリゴ糖は数種類あり、母乳や牛乳、ごぼう、バナナ、蜂蜜などに含まれていますが、市販されているオリゴ糖を使うのが一番手っ取り早いですね。
ただし、摂取しすぎるとお腹が緩くなったりするので注意が必要です

 

乳酸菌

言わずと知れた善玉菌の代表格ですね。
ヨーグルトに代表され、乳酸菌飲料、キムチや味噌などにも含まれています。

 

摂取した乳酸菌は腸を通った後便として排出されてしまうので、一定量を毎日食べる習慣を付けるのがベストだと思います。

 

 

こういった腸活、腸内環境を整えることが、ストレスやメンタルに効果的であるということはわかりました。
そして、そもそも腸は食べ物から栄養を吸収する大事な役割を持った臓器で、健康に保つことから色々な病気のリスクを軽減させることができると言われています。

 

メンタルのためにも、身体の健康のためにも、普段から腸の健康には気を遣って生活すべきではないかと思います。

スポンサードリンク


関連ページ

過度なストレスの溜め込み注意!病気や健康を損なうリスク
一概にストレスと言っても、仕事や、職場の人間関係、妊娠・出産・育児、恋愛、家族関係など、その原因は様々です。そんなストレスの種類ごとに注意点や対策などを私の体験や考え方などを交えながら書いていきます。
ストレスが溜まりやすい性格ならば意識した方が良い考え方
人の性格は千差万別です。起こる出来事は同じでも人それぞれ感じるストレス値は異なります。なにかと比較的過度にストレスを感じてしまう、溜め込んでしまう方と、そうなりにくい方の違いについての私の考え方と意識していることを書いていきます。これを意識することで私はかなり楽になれました。
ストレスで食欲がない|その原因とリスクを知って対策を!
強い悩みや心配事などでなんだか食欲がわかないなどという時もたまにはあると思います。ですがそんな状態が続くようであればやはり注意が必要です。食事は体だけではなく精神にも栄養を与えます。ストレスで食欲がなくなる原因とそのリスクをきちんと知ったうえで対策していくことが大事だと思います。
セロトニンの増やし方!簡単に自分でセロトニン対策を!
セロトニンは精神のバランスを保ち、健康なメンタルに欠かせない神経伝達物質です。これが不足してしまうと心の安定を崩し、鬱や不眠などといった症状が出やすくなってしまいます。自分で簡単にできるセロトニンの増やし方を知って、ストレス対策をしましょう!
心の疲れを解消するためのに本当に重要な4つのポイント!
ストレスだらけの世の中において、溜まったストレスや心の疲れを解消できない方も多くいると思います。鬱病などの精神障害を克服した私が、その経験から本当に重要だと痛感した、ストレスや心の疲れの予防や解消のためにポイントを4つ紹介したいと思います。