セロトニンを増やす方法はコレ!自分で出来るストレス対策

メンタルバランスの安定に欠かせないセロトニン

 
このサイトでは、主にストレスによる精神的要因の不眠症やうつ病について書いているのですが、それら全てに共通する重要な物質が「セロトニン」というホルモンです。

 

セロトニンは、「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」と並んで3大神経伝達物質のうちの一つです。他の2つの神経伝達物質の働きを制御し、調整する役割を担っています。

 

セロトニンは、不安やイライラなどを緩和してリラックスさせてくれるという性質から「幸せホルモン」と呼ばれることもあります。

 

逆に過度なストレスによって減少していき、不足してくると精神や自律神経のバランスを崩しやすくなり、鬱や不眠、パニック障害などを引き起こします。また、更年期障害やPMS(月経前症候群)の気分障害などもセロトニンの不足によるものだと言われています。

 

ストレスフルな現代社会を生きていく私達にとって欠かすことができない重要な物質なんですね。

ストレスで不足しがちなセロトニンを増やす方法

それほど重要なホルモンなので、是非とも不足することがないようにしていたいものなのですが、前述したとおり過度なストレスなどで減少していってしまいます。

 

ですので、日々強いストレスにさらされている方であれば特にセロトニン対策をしていきたいところだと思いますので、以下にセロトニンを増やす方法をいくつか紹介したいと思います。

 

太陽の光を浴びる

太陽光をしっかりと浴びることによって、セロトニン神経が活性化します。
ポイントは、朝目覚めたらカーテンを開けて日の光を浴びるということです。

 

セロトニンが分泌されることによってしっかりと目が覚めてきます。
そして日中にセロトニンが十分に分泌されることによって、夜になると睡眠ホルモンである「メラトニン」が分泌されます。

 

このように朝の日光浴は体内時計を整える効果があるため、不眠の解消にもつながります。

 

単純なリズムを繰り返すような軽い運動

ジョギングやウォーキング、サイクリングのような単純なリズムの軽い運動を5分〜30分することによってセロトニン神経が活性化されるそうです。30分以上の長時間や、激しい運動や複雑な動きの運動では効果がないということです。

 

天気の良い朝に行うことが出来れば、太陽の光も浴びることができて効果アップですね。

 

食事から「トリプトファン」を摂取する

「トリプトファン」はセロトニンの材料となる栄養素です。色々な食材に含まれているため食事によって摂ることができます。

 

過去記事▼
眠れない時に摂るべき栄養は?どんな食材に含まれているのか?

 

日々バランスの取れた食事を心がけることでトリプトファンを摂ることができるため、セロトニンが生成されるというわけです。

 

睡眠サプリメントやメンタルサプリメントを飲む

食事でもとることができるトリプトファンですが、日々多忙な方などは毎日バランスの良い食事をとることが難しいということも多いと思います。

 

睡眠サプリやメンタルサポートサプリには、トリプトファンが含まれているものや、セロトニンを増やす効果があるハーブを成分とするものもあります。

 

サプリメントであれば毎日続けてセロトニン対策ができると思います。

 

SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)を使う

これは、病院でうつ病などの精神障害を患っている方に多く処方される抗うつ剤です。
処方薬ということで、心の病気にまで発展してしまった場合に使う最終手段の一つですね。

 

昔の抗うつ剤に比べて副作用が少ないということですが、それでも吐き気やその他の副作用はあります。
このように鬱やパニック障害などの治療としても薬でセロトニン対策をします。それほどセロトニンは精神の安定に必要なホルモンなんですね。

精神の安定を崩してしまう前に自分でできる対策を!

セロトニンを増やす方法としていくつか紹介しましたが、できればなるべく自然な方法で分泌を促せるのがやはり一番良いと思います。

 

ですが、忙しくしていればしているほどストレスで消耗していますし、なおかつ規則正しく健康的にセロトニン対策をすることが難しいと思います。

 

できれば毎日の食事だけでもバランスを気にしてみてはどうでしょうか?難しければサプリメントを使うのもありですね。

 

メンタルの病気になって抗うつ剤を頼らなければならなくなる前に、自分でできるセロトニン対策を試してみることをおすすめします。

スポンサードリンク


関連ページ

過度なストレスの溜め込み注意!病気や健康を損なうリスク
一概にストレスと言っても、仕事や、職場の人間関係、妊娠・出産・育児、恋愛、家族関係など、その原因は様々です。そんなストレスの種類ごとに注意点や対策などを私の体験や考え方などを交えながら書いていきます。
ストレスが溜まりやすい性格ならば意識した方が良い考え方
人の性格は千差万別です。起こる出来事は同じでも人それぞれ感じるストレス値は異なります。なにかと比較的過度にストレスを感じてしまう、溜め込んでしまう方と、そうなりにくい方の違いについての私の考え方と意識していることを書いていきます。これを意識することで私はかなり楽になれました。
ストレスで食欲がない|その原因とリスクを知って対策を!
強い悩みや心配事などでなんだか食欲がわかないなどという時もたまにはあると思います。ですがそんな状態が続くようであればやはり注意が必要です。食事は体だけではなく精神にも栄養を与えます。ストレスで食欲がなくなる原因とそのリスクをきちんと知ったうえで対策していくことが大事だと思います。
腸活が不眠や鬱に効果あり!腸を整えてストレス対策をしよう
腸活、いわゆる腸内環境を改善することによって様々なメリットがあります。その効果は、お通じや美容などの身体的なものだけではなく、メンタル面の問題の改善にも及びます。腸内フローラのバランスを整え、腸を健康に保つことによってメンタルのバランスも整えましょう!
心の疲れを解消するためのに本当に重要な4つのポイント!
ストレスだらけの世の中において、溜まったストレスや心の疲れを解消できない方も多くいると思います。鬱病などの精神障害を克服した私が、その経験から本当に重要だと痛感した、ストレスや心の疲れの予防や解消のためにポイントを4つ紹介したいと思います。