ストレスを溜めることの危険性

過度なストレスを溜め込んでしまうと色々なリスクがあります

 

私達が社会で普通に暮らしていく上で、全くストレスを感じることがない生活などまずありえません。仕事、家事、育児、人間関係など、本当にこの世は悩みの種だらけです。

 

こういったストレスに対して耐性をつけて、それを乗り切っていくことで人間的に成長していけるということも確かにあります。
ですが、長い人生の中にはどうしても消化することができないストレスを抱え込んでしまうことも何度もあると思います。

 

そして、その状態から逃げることができない状況もありますよね?
重大な仕事をこなす上でのストレスであったり、出産や育児をしていく上でのストレスであったり、他にも義務感や責任感からそのストレスと真っ向から対峙しなければならない時があります。

 

しかし、だからといって過度なストレスを溜め込んだ状態で我慢し続けると、心や体に不調や不具合など深刻な症状が出てきてしまうことがあります。

 

 

ストレスによって引き起こされる精神疾患

過度なストレスに直面することで、悲しくなったり、思い悩んだり、怒りが湧いてきたり、落ち込んだりと、負の感情で頭の中が埋め尽くされていきます。
そして心が疲弊して徐々に精神の安定を失い、「不眠症」「うつ病」などの精神疾患にかかってしまう恐れがあります。

 

私の場合、仕事の責任感や職場の人間関係が重いストレスになってしまい、最終的にうつ病になってしまった一人です。不眠の症状もありました。
それなりにリア充だった私は、自分では上手くストレス解消していると思い込んでいたんですが(笑) そのとき持っていた自信は、そのままそっくり劣等感にかわってしまいました。
他にも色々な症状がありましたが、なんだかんだ社会に復帰するのに7年ほどかかってしまいました(汗)

 

うつも比較的軽い状態、プチうつである時にもう少し真剣に対策を考えてれば、一度社会からドロップアウトすることもなかったのかもしれません。

 

不眠にしてもそうだと思います。慢性的な不眠はうつの入り口になりうるし、眠れないこと自体がストレスになり負のサイクルに陥ることもあります。

 

 

 

人生を楽しむためにも早めの対策を!

冒頭にも書きましたが、現代社会は本当にストレスフルです。
ただ、人生はストレスだけではありません!嬉しいことや楽しいこともたくさんあります!

 

そんな楽しい時間、嬉しい時間をもっと過ごせるようにするためにも、自分の中に過度にストレスを溜め込んでしまわないように、そして完全に精神を病んでしまわないように、適度なストレス解消や、なにかしらの対策をしていくべきです。

 

 

スポンサードリンク


関連ページ

ストレスが溜まりやすい性格ならば意識した方が良い考え方
人の性格は千差万別です。起こる出来事は同じでも人それぞれ感じるストレス値は異なります。なにかと比較的過度にストレスを感じてしまう、溜め込んでしまう方と、そうなりにくい方の違いについての私の考え方と意識していることを書いていきます。これを意識することで私はかなり楽になれました。
ストレスで食欲がない|その原因とリスクを知って対策を!
強い悩みや心配事などでなんだか食欲がわかないなどという時もたまにはあると思います。ですがそんな状態が続くようであればやはり注意が必要です。食事は体だけではなく精神にも栄養を与えます。ストレスで食欲がなくなる原因とそのリスクをきちんと知ったうえで対策していくことが大事だと思います。
セロトニンの増やし方!簡単に自分でセロトニン対策を!
セロトニンは精神のバランスを保ち、健康なメンタルに欠かせない神経伝達物質です。これが不足してしまうと心の安定を崩し、鬱や不眠などといった症状が出やすくなってしまいます。自分で簡単にできるセロトニンの増やし方を知って、ストレス対策をしましょう!
腸活が不眠や鬱に効果あり!腸を整えてストレス対策をしよう
腸活、いわゆる腸内環境を改善することによって様々なメリットがあります。その効果は、お通じや美容などの身体的なものだけではなく、メンタル面の問題の改善にも及びます。腸内フローラのバランスを整え、腸を健康に保つことによってメンタルのバランスも整えましょう!
心の疲れを解消するためのに本当に重要な4つのポイント!
ストレスだらけの世の中において、溜まったストレスや心の疲れを解消できない方も多くいると思います。鬱病などの精神障害を克服した私が、その経験から本当に重要だと痛感した、ストレスや心の疲れの予防や解消のためにポイントを4つ紹介したいと思います。